水風呂と普通のお風呂を交互に入る

大きなお風呂に行くとサウナの横に水風呂が設置されていますが、私はサウナを利用せずして水風呂に入ります。
最初はしっかりと暖かいお湯に浸かります。私は高めのお湯が好きなので、一番温度の高いお湯に入ります。

そこで充分過ぎるほど浸かり、次に冷たいのを我慢しながらゆっくりと水風呂に入ります。時には冷たすぎて全身を入れることができず、足だけで終わることもあります。

ただ、それを繰り返すことによって身体がものすごく温まるのと慣れることで水風呂がとっても気持ちよくなります。

ラグビーの選手が疲れを急速に回復させるために氷水に浸かる、ということを聞いて始めました。

その他の効果を調べてみたところ、身体が体温を上げようとするので基礎代謝があがる、血液の循環がよくなるので末端の毛細血管まで血の流れが行き渡り、毒素をとって栄養を運んでくれる、免疫力があがり風邪がひきにくくなる、等ありました。

ただし、体調がすぐれないときや心臓が弱い方は危険を伴う可能性がありますのでお勧めできません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ