バイアグラの使用法と、その注意点

バイアグラとは、男性の性不全の解消に役立つことで一時期巷で流行しました。しかし、名前は知っていてもどういうものなのか良くわからないという方も多いと思います。そこでバイアグラについて調べてみました。

<使用方法>
飲むタイミングは、「行為の一時間前」くらいだそうです。概ね4~5時間効果が継続するそうです。水で服用しますが、牛乳など油分の含まれたものでなければ、アルコールなどでも良いそうです。噛むなどして砕いても、効果は変わらないので普通に飲みましょう。バイアグラ自体に性的興奮を促したり、身体的変調をもたらす物ではありません。油と相性が良くないので、食前が望ましいのですが、食後に摂取する時は、事前の食事をあっさり目の物にすると良いそうです。お酒も飲み過ぎなければ相乗効果になりえますが、泥酔などになると完全に逆効果となります。

<使用上の注意>
バイアグラは血管を拡張する薬なので、心臓に疾患がある方や、高齢者には不向きとなっています。摂取量は基本的に一日一回を限度に設定されていて、国内では20~50mg、海外では100mgのものもあるそうで、世界基準では「100mgを一日一回、毎日はNG」とされています。効果が薄いと感じても飲み過ぎないようにしましょう。副作用として、顔が赤くなったり、目が充血するなどの症状が現れることがあるそうです。それだけではなく、「連続性勃起」というものを発症し、日常生活に支障をきたす可能性も出てきます。

血圧を上げ血の巡りを良くして、男性の下半身を元気にするバイアグラですが、医師の処方に従って、正しく使用してください。特に何か持病のある方や、高齢の方はは使えないこともあり得ます。また、生活習慣で解消できることもあるので、安易に使用せず、熟考した上での使用をお勧めします。

現在はED治療の分野が発達した影響で、バイアグラもよりお手頃に入手することが可能となりました。筆者である私は滋賀在住ですがバイアグラ滋賀の専門情報サイトがあるので、そこで処方や購入の情報を得て、薬の入手に役立てています。
病院でもED診療をオンラインで行う事が出来る所も登場してきていますので、活用してみるのも良いでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ